HOME ワークショップ 予約・問合せ アクセス 21世紀統合医療
フォーラム
Link
資料集

○ ソマティクスの理論と実践 〜一人称の科学と“タッチ”〜 (2014年2月NPO法人タッチケアセンター講座) 
   NEW!


○ Halifax Roshi Lecture in Kyoto, 2012

○ 地球人No.11号「ボディワーク 身体の気づきと心の気づき」

○Don Hanlon Johnson
★★★
「Bone, Breath, and Gesture」  序文
North Atlantic Book-CIIS Somatic Edition, Volume 1 ドン・ハンロン・ジョンソン編集

Eugene Gendlin
★★★一人称の科学の提案

○村川治彦
★★★ Phenomenology of the Experience of Qigong
      (気功体験の現象学-身体技法の研究方法序説

★★★ 一隅を照らす光を集める ----オウム事件以後の一人称の「からだ」の探求に人間性心理学は何ができるか----
人間性心理学研究 第21巻1号  村川治彦
★★★ 「身体の多様性」と統合医療におけるボディワークの役割  マニピュレーション 2003年12月
★★★ アメリカの癒しとニューエージ運動の歴史的背景  ホリスティク教育研究 2005年・2006年
★★★ アメリカホスピス運動の歴史と現在;仏教系ホスピスが提示する新しいスピリチュアルケアのあり方
「こころケア2006Vol9. No.2」 日総研出版
※この記事は日総研出版のご厚意により、ここに再掲載させて頂きます。
この号の特集には、他にもガン患者の苦痛・不安を癒す様々な看護技術についてのとても役に立つ記事が掲載されています。詳細は、日総研出版まで。

1)アメリカのホスピス運動の歴史と現在ー死のケアの最前線としての仏教系ホスピス
p.123, p.124, p.125, p.126, p.127,p.128,p.129, p.130, p.131
2)禅ホスピスの実際と教育訓練プログラムー禅ホスピスプロジェクトとラグナ・ホンダ病院 の例
p132, p.133, p.134, p.135 p.136, p.137, p.138, p.139, p140,
3)緩和ケアにおける代替相補療法ー症状緩和から「ただそこにいる」技法へ
p141, p142, p143, p.144, p.145,
4)21世紀における日本人の生き方 ・死に方を問う
p146, p.147. p.148. p.149, p.150


お問い合わせ

HOMEへ戻る

Copyright(c)2007 Center for East-West Dialogue。 All rights reserved. Base template by WEB MAGIC.